0113d5796e076b216d833490db40a3eb
4人娘mamaのバタバタ日記。

2018/10/18 03:36 くらし

私に母はいない。

私が13の時、司法書士をしていた父と医療事務をしていた母が離婚した。私と妹は母と生活する事になり、父は出て行った。


余程、医療事務の仕事は忙しかったのか、『材料買ってあるからサンドイッチ作って食べてね。』部活のお弁当は『はい(500円)。コンビニで買ってきて。』

どん兵衛やUFO、レトルトカレーは山程あった。

16歳

私立の福祉コースに入学した。同時にバイトも始めた。私立の学費が高い事も知っていたので、毎月の携帯代、母には3万を払っていた。

でもこの頃から一切の食事は作って貰えなくなった。

『あんた、いつバイトかわからんし。』


そっか…。携帯代、母への3万円の他に学校へ持っていく昼食代、夕飯にバイト代を全部あてた。沖縄への修学旅行費も行きたかったから自分で払った。

18歳

無事、ヘルパーの資格をとって特養で働き始めた。初任給15万弱…手取りにしたら12万程しかなかった。それでも毎月の生活費として母にはお金を払い続けた。


でも…

『わりに合わない。』


成人式

欠席した。『振り袖着たいなら自分で予約取ってお金払いなさいね。』

月12万…車のローン、母への支払い、その他があって振り袖なんて借りられる訳がない。

自分だけ私服なのが何故か凄く恥ずかしくて『ちょっと外せない予定があって…』と友達には嘘をついた。


この頃から生活が嫌になり…

車を当てられ、むち打ちで仕事に行けなくなったのを機に介護をやめた。


水商売に…。母との仲は拍車をかけたように険悪になった。家の中で私を見つけては『今月はいつ払ってくれるの?』『今月はいくら入れてくれるの?』

キャバクラで月50…多い時には80万の生活…『払えば文句は言われない』と、母へは月に10万ずつ払う生活になった。


が、母の私に対する態度は変わらなかった。

自殺未遂、摂食障害…救急病院に運ばれた回数は数知れない。


21歳

妹の『お姉ちゃんがいるだけで迷惑なんだって!』この一言で左手に消えない傷が出来た。そして家を出た…


23歳初婚&24歳出産

結婚を機に父に連絡をし、長女を出産してから頻繁に会うようになった。

母と生活していた頃は『私が会いに行けば、母は父に子どもを取られるんじゃ』と幼心(13歳)で心配し、会えないまま月日が流れた。

私と父は一緒にいられなかった10年を今、親子としてやり直している。


30歳

母とは離れて暮らしていればそんなにいがみ合う事もなく、離婚→再婚→次女、3女を産んだ後もそれ相応に『親子』をやっていた。


が、ある日父に知らされた…

母と私達姉妹が住んでいた一軒家のローンは父が払っていた。

私の高校の費用も…

『免許を取りたい』と相談した時も父は快諾してお金を出してくれた。

父名義だった車のローンが払えなかった月も、父が私に催促する事はなかった。


それで疑問が生まれた。16から必死に払ってきたお金は…?


崩れた

この話をしたら親子として終わる。聞けなかった。でも恨んでいた。私の中では『父と別れてから20年付き合っている彼とのデート代に消えていたんだろう』と根拠もない不信感で一杯だった。

『どちらかが死ぬまで恨み続ける。そんな生活はやめよう。答えがどうであれ受け入れよう』


母に聞いたのは、4女を産んだ後…一昨年前の1月頃だった。


『私が16から払っていた3万は?修学旅行費はどこに消えたの?水商売をして払った10万は?』

『振り袖すら着せて貰えなかった理由は?』

『ローンも私の学費もお父さんが払ってたってどういう事?』



分かっていた。でも辛かった。

『何言ってるの?記憶すり替えてない?払って貰った覚えないけど?』

『ローンも私とあの人の間の話でしょ、口出さないで!』


私に母はいない。

今はもう連絡先も知らない。でも良かったと思う。殺したい程誰かを恨みながら生きるより、自分を大切にしてくれる人を精一杯大切にしながら生きたい。


なぁーんて♥️4人娘mamaちゃんのちょっとダークな話でした(*´罒`*)ニヒヒ♡

たまには昔話もね♪ろくに自己紹介もしていなかったので…Myキッチン開設今月末で2年、クックプレミアム会員14年の節目に。



読んで不快になられた方、私を軽蔑される方、嫌いになられた方…多分凄く沢山いらっしゃるかとおもいます。不快感を与えてしまい、本当に申し訳ありません。最後までご拝読頂き、本当に有難うございました。




クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください